障害をもつ人とタンデム走行出来る!イタリア発の自転車「HUGBIKE®」

障害をもつ人と安心して一緒にタンデム走行出来る、ユニークなデザインの自転車がイタリアで誕生しました。

「HUGBIKE®」は一般的なタンデム自転車のように前に乗る人がハンドル操作するのではなく、後ろに乗る人が前の人をハグするような形でハンドル操作、楽しく安全に運転できるよう設計されています。

主に自閉症やダウン症、脆弱X症候群、失明などの障害をもつ人を対象としていますが、後ろの人がサポートしやすい面から小さな子どもや高齢者とのタンデム走行や、カップルでの走行にも適しています。

動画はこちら。

この自転車はOpera della Marcaが開発、ヴェネト州の都市トレヴィーゾで自閉症の人を支援している非営利団体「Fundation Oltre il Labirinto onlus」が協力し完成しました。
もちろんイタリア車だけあってデザインにも随所にこだわりが見られ、スタイリッシュな仕上がりとなっています。

HUGBIKE®公式サイト